【文】タイドラマや映画で耳にするヒーア、ヒア、シーア、シアーとは

Thailand タイ

こんにちは。ブライトxウィンのファンミーティングを終えて久々にタイ沼に浸かったぴょんぴょ子です。ラックナ スッロー♡

今回は、タイドラマやタイ映画で必ず耳にするタイ語、ヒア/เหี้ย」や「シア/เชี่ย」について解説します。(※ファンミの内容とは無関係です)

ヒーア、ヒアー、ヒヤ、ヒーヤ、そしてシーア、シアー、シア、シヤ、シヤー、、、色んな音に聞こえると思いますが、今回は全部「ヒア」か「シア」で統一の上、ご説明します。

それでは、簡単にご紹介して参ります〜!

※「ヒア」や「シア」に「アイ/ไอ้」がついて「アイ・ヒア」「アイ・シア」なんてのも耳にすると思いますが、その「アイ」については別記事で紹介しているのでそちらをご参照ください。

1.ヒアとは

ヒア、ヒーア、ヒアー、ヒヤ、ヒーヤ、、、これらはテンションによって音が伸びたりしているだけで、全てこの「ヒア/เหี้ย」という単語です。

ヒア本来の意味は巨大トカゲ

ヒアとは何なのかと言いますと、大元の意味は、東南アジアを中心に生息するミズオオトカゲのことを表しているのです。

このヒアことミズオオトカゲは、大きいもので3m近くにも及ぶほど巨大なオオトカゲです。基本的には水辺に生息しているものの、タイでは街中でもたまに見かけることがあり、比較的身近な生き物です。セブンイレブンにヒアが乱入したことが話題になったのも、記憶に新しい方もいるのではないでしょうか?

スラングとしてのヒア

タイのドラマや映画などでよく登場する「ヒア」は、ほとんどの場合において、ミズオオトカゲではなくスラングとして使われます。

スラングでの「ヒア」は、概ね下記のような意味や場面で使用されます。

  • 感嘆詞として
    • クソっ!」「畜生!」のように侮辱や怒りを表す時に使う
    • 「げげっ!」のように驚いた時に使う
    • 「すご!」のように感嘆を表す時に使う
    • 「まじかよ…」のような落胆を表すときに使う
  • 形容詞として
    • やばい」や「クソ」「」のような誇張表現として使う(ネガティブにもポジティブな意にも
    • 単語として特別な意味を持たない
<span class="fz-12px">ぴょんぴょ子</span>
ぴょんぴょ子

ごくたまに名詞、動詞のようにも用いられますが、「やばいこと(をする)」のように置き換えると何となくニュアンスは理解できると思います。

ヒア単体の時は、ほとんどが感嘆詞として使われているので解釈しやすいと思います。

文章の中に混じるヒアは、基本的にはネガティブな意味で使われることが多いです。ただ、単語として特に意味を持たなかったり、仲のいい間柄ではポジティブな意にも使われるので文脈によって判断するのが良いです。

日本語でぴったりハマる言葉が無く訳すのが難しい場合も多々あります。そんな時は英語の「f*ck」や「fu*king」をイメージした方がわかりやすいかもしれません。

どうしてミズオオトカゲがスラングになったのか

このヒア(ミズオオトカゲ)がヒア(悪い意味をもつスラング)となった所以は諸説あります。

よく聞くのは、もともとヒア(ミズオオトカガゲ)が腐った物を食べたり、死体や死骸を食べたりするとされていたり、昔はよく葬式に現れていたことから、“ヒア=悪いやつ、悪いこと”とされるようになった説です。

他にも、ヒア(ミズオオトカゲ)ではなく、19世紀中頃タイ在住のアヘン中毒の中国人の呼び方(トゥアヒア)から来た説などもあるので、身近にタイ人がいたら聞いてみると色々な説に出会い面白いかもしれません。

ヒアの発音

ヒア/เหี้ยの発音は、無理矢理カタカナで表すと、ヒーアとなります。ヒーヤのようにも聞こえます。

声調は下声で、ヒが高く、アが低い音となります。日本語の“お冷”の“ひや”の声調と同じです。

感嘆詞として使われる時のヒアは、場面や心情に応じてヒアー、ヒーア、となりますが、声調は変わらず下声です。

文中で使われるヒアは、ヒーアよりもヒアのように聞こえることが多いと思います。

2.シアとは

ヒアについて何となーく理解できましたら、シア/เชี่ยの説明に移りたいと思います。

シアの意味

シアは上記で説明したヒアと意味は同じです。

ヒア自体が強めのスラングである為、ヒアと直接発音せず少しボカすような言い方として使われるようになったのがシアです。

シアの発音

シア/เชี่ยの発音は、カタカナで表すとシーアとなり、同じくシーヤのようにも聞こえます。

声調もヒアと同じ下声で、シが高くアが低くなります。例えるなら、日本語の“視野”の音と同じイントネーションです。ちなみに声調が異なれば違う単語を表しているので、意味も異なるので注意しましょう(たとえば声調が上声のシア/ เสีย、つまりシが低くアが高いシアは、ダメになる・無駄になるのような意味)。

そしてポイントは、このシアの場合シが有気音であることです。日本語のシの音よりももっと空気を含ませたシの音で、英語のShやポルトガル語のChiの音に似ています。静かにしてほしい時に「シーッ!」とやる時のシです。

3.ヒアもシアも要注意

ここまでヒアもシアも発音も含めて説明した上で言うのもなんですが、ヒアもシアも決して綺麗な言葉ではありません。ドラマなどでは若者動詞がよく使っていますが、外国人が使うのはとても危険です。ネイティブも外国人に対しては、よっぽど気の知れた関係でない限り使いません。

使わないのがベストですが、使う際は間柄や状況を十分にわきまえましょう。特に目上の方や年上の方には使わないことを強くオススメします。

ーーーーー

以上ヒア・シアのお話でした〜。

P.S.ブライト君とウィン君の第1回日本のファンミは最高でした!!!!!日本語でのメッセージとかお辞儀とか、日本のファン大歓喜ですわ!2人もタイもますます好きになったー!!!ありがとー!!!(興奮がおさまらない)

【タイ沼】『F4 Thailand』でブライト君演じる役名Thymeの読み方・発音について
タイ版『花より男子』こと『F4 Thailand』で、ブライト君が演じる役名Thyme(ธาม)の読み方はタームです。なぜThymeがタームなのか、タームの正しい発音、タームの意味などご紹介します!
【文】ぴばいことブライト君という素敵な名前について思ったこと
タイドラマ『2gether』のサラワット役や『F4 Thailand』の道明寺(Thyme)役でお馴染みの俳優Bright君。“ぴばい”、”ブライト“君という素敵な名前について思ったことを、タイ語の読み方や意味の解説を含めて紹介します。
【タイ沼】有名タイドラマ『Hormones』を知る!①概要編
タイ沼厨必見!タイで大ヒットした青春学園ドラマ『Hormones วัยว้าวุ่น the Series(ホルモンズ・ワイワーウン)』についてご紹介します!ナダオ・バンコクのタレントのファンは特に要チェックです!
【文】タイドラマなどでもよく耳にする、タイ語の蔑称“アイ”とは
「アイヒア(シアー)」などのスラングや「アイ+人名」など、タイ人同士の会話でよく耳にするタイ語“アイ”について、使用例やタイ語のスラングも含めて解説します!

参考:https://readthecloud.co/scoop-12meaningsofhia/

コメント

タイトルとURLをコピーしました