【買】ブラジル在住者への日本のお土産でよく選ばれているモノ

Brazil ブラジル
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ボンジーア!サンパウロ在住のぴょんぴょ子です。

今回は、ブラジルで新生活を始める際の日本からのお土産として、日本から持って行きやすく、且つ、渡して喜ばれるモノを厳選してご紹介します!

ぴょんぴょ子自身、初めてブラジル生活を始める際、周りの皆さんがどのようなお品を配っているのか、どんなモノがブラジルではお土産として喜ばれるのか、気になっていました。

また、外国人であるブラジル人に渡す物よりも、日本の勝手を知るブラジル在住の日本人宛のお土産の方が選定するのに時間を要してしまいました。

海外に住む日本人宛の日本のお土産選びで迷っている方に、少しでも参考になれば幸いです。

1.お土産を用意する相手

ブラジルで新生活を始める際にお土産を渡すことが多いのは、職場関係宛てです。

予めブラジルでお世話になることがわかっており、事前に個数も把握しやすいので、職場関係には日本からお土産を渡すケースが多いです。

またブラジルの日本人駐在員は、同じ会社の日本人駐在員同士で家族ぐるみでお付き合いすることが多々あります。駐在員の奥様会(配偶者会)などがあるところも珍しくありません。
その為、家族を帯同する人は、同じく帯同で来られているご家族宛てにも用意している傾向にあります。

ただ、会社によって金額帯、商品、渡す相手等でプチルールがある可能性もあるので、気になる方は直接確認してもいいかもしれません。

一方、職場関係以外は予め人数を把握することが難しい為、元からの知り合いがいる等の場合を除いては、お土産を用意する人はほとんどいません。

2.お土産の特徴

実際にぴょんぴょ子がお土産を検討したり、お土産を頂いたりする過程で見えてきたのですが、皆さんの選ぶお土産には特徴があります。

1)軽くて嵩張らないモノ

日本からブラジルへ引っ越す際、ほとんどの場合は荷物を
 ①手荷物
 ②航空便
 ③船便
の3つに分けて運ぶことになります。

ブラジルに荷物が届くまでにかかる日数は、
 ①手荷物は自身と一緒に移動するので問題ありませんが、
 ②空便は約1ヶ月、
 ③船便は約3ヶ月かかる
と言われています。

職場へのお土産は、初出社時に必要になることが多いので、多くの人は①手荷物に入れて運んでいます

ご存知の通り、飛行機で移動する際の手荷物は重量も容積も限られています。自身の荷物だけでいっぱいになる中で、お土産の為にトランクの重量も容量も大量にとることはとても難しいのです。

その為、大半の人々は軽くて容量の小さなモノを選ぶ傾向にあります。

2)もらって嬉しいモノ

多くの方がお土産として選ぶのは、ほとんどがブラジルでは手に入りづらい物、とりわけ食糧品です。

基本的に、日本のスーパーで売られている一般的な商品は、ブラジルでも価格は違えど日系スーパーで手に入ります。

大手食品メーカーの大量生産の商品は手に入る一方、日本でも一般のスーパーでは見かけないような商品は、ブラジルではなかなかお目にかかれれません。

大半の方々はそれを知ってか知らぬか、そのような商品をピンポイントで選ばれている傾向にあります。少しオシャレでお土産になりうるデザインのものを選ぶと、必然的にブラジルでは見かけない商品になるのかもしれませんね。

ただ、ぴょんぴょ子含め大半のブラジル在住者は何をもらっても嬉しいものです。

そして皆さんも、貴重な手荷物のスペースと重量をお土産に捧げる苦悩を知っているので、頂けるだけで本当に感謝の気持ちでいっぱいになります。

<span class="fz-12px">ぴょんぴょ子</span>
ぴょんぴょ子

ぴょんぴょ子も日本出国時はお土産選びで散々悩んだのですが、蓋を開けてみれば何でもよかったんだなーと。

3.オススメのお土産

実際に頂いたモノや、渡して喜ばれたモノを中心に、ご紹介してまいります!

1)バラマキ土産

職場で一斉に配る際に便利なのがバラマキお菓子です。

煎餅類

日本風のお菓子を配ろうと思っても、和菓子はあんこの入ったずっしりした物が多く、重量が取られます。

そんな中、比較的軽い商品を選ぶとなると、煎餅類にたどり着きます。

ブラジルにも一般のスーパーで手に入るようあられは売られていますが、なかなか老舗のお店のあられにはありつけないものです。

日本メーカーの洋菓子類

ブラジルでも洋菓子は手に入りますが、一般的にはコンデンスミルクが加わった激甘な商品が多く、日本では一般的な甘さの洋菓子にはなかなか巡り会えません。

白い恋人やヨックモックなどの日本メーカーの洋菓子(特にラングドシャ!!)は、激甘が大好きなブラジル人からも喜ばれることが多いので、一時帰国の際にもよくお土産に選んでいます。(後述)

<span class="fz-12px">ぴょんぴょ子</span>
ぴょんぴょ子

激甘の舌のブラジル人も、これらの繊細な甘さに惹かれるそうです。

2)500円前後の食品

家族ぐるみでお付き合いさせて頂く方からよく頂くのは、500円前後の食品です。

重量や容積の小さく日持ちがするものが選ばれる傾向にあります。

味付き海苔

海苔も、おかず海苔も手に入ります。が、他の味付き海苔は見たことがなく、日本でも食べたことがなかったので嬉しかったです。

日本茶

日本茶もブラジルにはあるにはありますが量産物がほとんどなので、老舗のお茶は貴重でありがたいです。

お出汁

同じく、お出汁もブラジルにはありますが量産物がほとんどなので嬉しいです。

ふりかけ・茶漬け

同じく、ふりかけも茶漬け類もブラジルにはありますが、量産物がほとんどなので頂くとテンションが上がります。

フリーズドライ

ブラジルではフリーズドライ食品を見かけません。

フリーズドライの和食は、味が嬉しいだけでなく、お湯を足すだけで完成するので、体調を崩して動きたくないけどすぐに食べたい、なんて時に特に重宝させて頂きました。

お麩

可愛いお麩は目にしないので、頂くと見るだけでも気分が高まります。

菓子折

いただく度に、日本のお菓子は見た目も味も最高だな〜と思います。

ラーメン

有名店のラーメンセットなんてお土産も頂いたことがあります。美味しかったー(滝よだれ)。

重量はありますが、乾麺タイプであれば賞味期限は約10ヶ月もあり、常温保存も可能。
そして余ったら自分で消費すればいいだけなので、自身がラーメン好きならもってこいの一品です。

また、ブラジルでもラーメンの人気は上昇中なので、日本に興味があるブラジル人にも面白いお土産になります(ただ、事前に食べ物の制限有無を確認する必要はありますが)。

4. ブラジル人に喜ばれたお土産

基本的に、日本に対して興味を持ってくれていたり超親日家なブラジル人であれば、どんなお土産も喜んでくれます。ただ、その中には大衆受けしないものもいくつかありました。

ご参考までに、過去にぴょんぴょ家が経験した、一般的なブラジル人に喜ばれたお土産&不人気だったお土産をちょっぴり紹介します。


リピートされるまで喜ばれた大人気商品は、意外にもラングドシャ系のスイーツ。

白い恋人やヨックモックなどの日本メーカーの洋菓子は、激甘が大好きなブラジル人も美味しいと感じるそう。甘い物が苦手、というブラジル人からも、「日本のこのお菓子、イケるね!」と言ってもらえたことがあります。

あとは日本酒

ブラジルでもSaqueサケという名詞が知られており、日本酒が市民権を得つつあります。
ブラジルで最も人気のカクテル“カイピリーニャ”はブラジルのお酒カシャーサで割ったものですが、代わりに日本酒で割った“サケピリーニャ”なんてカクテルもあるくらい、日本酒はポピュラーなもの。
というのも日系の皆様のお陰もあって、ブラジルで作られた日本酒が比較的安価で流通しているのです。

一方、日本産の有名な日本酒も限定的ではありますが輸入されています。が、それらは超高級品。その為、重量はあれどお土産で渡すとブラジル人のお酒好きからはとっても喜ばれます。


不人気なのは、あんこ系のお菓子。

ブラジルの食卓に欠かせない豆は、ブラジル人にとっては常に料理として塩味で食す物。「甘い豆なんて、受け付けられない」と吐く真似をされたこともあるくらいで、強い抵抗感がある人もいます。

あんこは重量もあるので、ぴょんぴょ家の例を反面教師にした上でご検討くださいませ。

ーーーーー

以上、ブラジルに住む日本人宛のお土産選びでよく選ばれている物(と、ブラジル人に喜ばれたお土産、不人気なお土産)のまとめでした。

決して、ブラジルの日本人宛のお土産持参が必須だとお伝えしたくて書いたわけではなく、あくまで悩まれている方のお役に立てればいいな、といった位置付けでご紹介しました。
(というのも、ぴょんぴょ子自身がお土産選びで悩みまくったからです)

そして、再度申し上げますが、ブラジル在住者こそ、日本からの長旅の際に貴重な荷物のスペースをお土産に割く大変さをわかっているので、選んだ物がどのような物であっても喜んでくれると思います。

なので、あなたの選んだものなら、なんだって正解ですよ!!!

Tchau!

コメント

タイトルとURLをコピーしました